山口きらら博

山口きらら博(やまぐちきららはく)とは、山口県山口市(当時吉敷郡阿知須町)きらら浜で2001年7月14日から9月30日までの79日間開催された地方博覧会。正式名称は「21世紀未来博覧会」、通称「きらら博」。概要テーマは「いのち燦(きら)めく未来へ」。海に面した会場内を街のゾーン、やまぐちゾーン、スポーツゾーン、ゲートゾーン、テーマゾーン、ラグーンゾーン、アミューズメントゾーンに分け入場者にわかりやすくした。一番のメインイベントはきららドームで行われた山本寛斎プロデュースのパフォーマンスイベント「やまぐち元気伝説」。平日は2回、土日・祝日は3回ずつ公演した。県内のメディアは民放テレビ3局全てが情報カメラを設置した他、山口放送は期間中、ラジオのサテライトスタジオを設置、テレビ山口、山口朝日放送も会場内から番組を放送した。また、期間中にイベントFMエフエムきららが開局した。その他県内に関係する企業ではマツダ、宇部興産、トクヤマ、山口銀行、松下グループなどがパビリオンを出展している。最優秀パビリオンに贈られるジャパンエキスポ大賞(日本イベント産業振興協会主催)には山口銀行のパビリオン「カラクリドリームシアター」が受賞している。博覧会の成果2001年(平成13年)はほぼ同じ時期に北九州市で北九州博覧祭2001が、福島県須賀川市でうつくしま未来博が開かれており、同時期に3つの地方博覧会が重複する状況となっていた。特に、北九州博覧祭とは開催期間や集客範囲で競合して、さらには立地面で極めて不利(北九州博覧祭はスペースワールド駅前のスペースワールド隣接地で開催された)という見方が強く、開催前はきらら博は満足な集客が得られないのではという意見が専らであった。しかしながら、ボランティアスタッフをはじめとする県民総参加による協働の成果もあって、結果的に総入場者数は79日間で251万4178人という成果を収めた。これは山口県の人口(約150万人)を大きく上回り、北九州博覧祭が7月4日?11月4日までの124日間で215万8465人が入場(公式イベントとして別会場で開催されたGLAYの野外ライブ「GLAY EXPO 2001 “GLOBAL COMMUNICATION”」の観客動員数を除く)した数字と比較しても、遜色ないものであったといえる。きらら博ではゴミを出さないことを徹底し分別などを細か

首相「子分に金配っていない」 与謝野氏の話を否定(産経新聞)
ハイチに見舞5万ドル 東京都(産経新聞)
警視庁巡査長が盗撮=女性のスカート内、停職(時事通信)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
男児暴行死の父、強盗事件で逮捕=880万円奪った疑い−静岡県警(時事通信)
posted by ヒジカタ シノブ at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。